img1.jpg
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ



モンゴル株 よくある質問(FAQ)

Q:モンゴルの経済規模はどれぐらいですか?

A:国内総生産(GDP)が67億ドル(約5,293億円)です。日本の870分の1、隣国ロシアの240分の1です。
 

 Q:モンゴルの株式を外国人は買えるのですか?

A:はい、買えます。外国人は会社全体の100%の株式を買うことができます。
 

 Q:株式の通貨は何ですか?

A:モンゴルの通貨トゥグルグ(MNT)建てです。
 

 Q: 証券口座開設に必要なものはなんですか?

A: お客様のパスポートのコピー1枚と、口座開設に関する一式書類です。

  一式書類には、お客様のパスポートと同じご署名を、ご本人がしていただきます。
 

 Q:モンゴルの株式を売って、資金を日本に戻せますか?

A:法令上は、問題ありません。ただし、経済情勢が悪化して、万一、国の外貨保有残高が少なくなった場合には外貨への交換ができなくなるリスクはあります。

 

Q:モンゴルには、BDSec証券以外の証券会社はあるのですか?

A:全体で34社の証券会社があります。

 

Q:BDSec証券以外の口座開設はなぜサポートしないのですか?

A:BDSecは、取扱高などでモンゴル最大手の証券会社で、外国人の取引に慣れており、また、数々の IPOの主幹事にもなっており、外国人として口座開設する証券会社としては適切であると考えられるからです。また、私どもWSJPとの6年以上のお付き合いを通して、信頼できる証券会社であると考えられるからです。

 

Q:モンゴルの現地に行って口座開設したいと思うのですができますか?

A:できます。現地で口座開設の場合は、BDSec証券は口座開設手数料として5ドル徴求すると聞いています。

 

Q:証券取引をするのに銀行口座開設は必要ですか?

A:いいえ、必要ありません。証券口座の開設のみで取引できます。

 

Q:法人名義で口座開設はできますか?

A:できます。手続きや必要書類が異なりますので、個別にお問い合わせください。

 

Q:口座開設サポートサービスのみを選択して、口座開設後に分からないことが出てきた場合にはサポートしていただけるのでしょうか?

A:基本的に口座開設完了の時点でサービスは終了します。その場合には単体でフォローアップ・サポートサービスを新たに追加的に申し込んでいただくことになります。料金的に割高になると思われますので、口座開設サポートサービス+フォローアップ・サポートサービスを合わせてお申込みしていただくことをお勧めいたします。

 

Q:口座開設後のフォローアップ・サポートサービスで、株式を私の代わりに買っていただくことはできるのですか?

A:このサービスは事務的補助サービスですので、売買の注文はお客様自身がやっていただきます。

 

Q:株式の推奨銘柄や、投資のタイミングなどアドバイスしていただけるのですか?

A:サービスは事務的補助で、投資顧問サービスではありませんので、誠に恐れ入りますが致しかねます。

 

Q:それでは、フォローアップ・サポートサービスとはどのようなサービスなのですか?

A:売買の指示の出し方や、証券会社とのその他問い合わせ方法など事務的な補助を致します。また、モンゴル経済動向や上場企業などの情報などを逐次お知らせいたします。

 

Q:日本からの送金は円でやるのですか?

A:受取銀行の関係上、米ドルをお勧めします。

 

Q:証券会社への注文はどうするのですか?

A:電子メールに英語で書いて注文を出します。

 

Q:英語は苦手なのですが、大丈夫でしょうか?

A:難しいコミュニケーションではなく、単純な売買指示ですので、事務サポートを通じてできると思います。

 

 

Q:証券会社の口座管理手数料はかかりますか?

A:今のところかかりません。

 

Q:証券売買手数料はどれくらいですか?

A:売り2.5%、買い 2.5%です。

 

Q:月間の証券売買報告書はあるのですか?

A:証券会社作成の売買の都度の報告書と、月に1回のAccount Statementが電子メールで届きます。

 

Q:モンゴルの株式に投資するリスクは何ですか?

A:一般的に言われる、株式投資のリスクと変わりはありませんが、例えば、政治情勢、為替、金利、市場価格、市場流動性、元本損失、金融機関の信用状況などのリスクが考えられます。これらのリスクはお客様が全て負うことになります。

 

Q:口座開設サポートサービスはモンゴルのみですか?

A:現状、モンゴル以外にラオスを取扱っており、カンボジアもサポートを開始いたします。これらの国以外でも、お客様のニーズを反映して、フロンティアマーケットの証券口座開設を追及してまいりますので、ご要望があればご意見をお聞かせください。